2006年の景気動向



2006年の景気動向で注目されていたのは、「11月のいざなぎ景気超え」と、それに重なるような「黄金サイクル」でした。

景気循環の4つのサイクル(四つの波)がすべて上昇に重なる状況は、『黄金の循環』とか『黄金サイクル』とか言われています。
なんと、戦後3回目の景気循環黄金サイクルが、2006年の末に重なってきていました。
大物を買い替えるサイクルが重なっているので消費も拡大する、ということです。
この黄金サイクルによって、2006年から2010年前後にかけての景気拡大が期待されているというのは、2006年の景気動向の中で最も注目すべき点でしょう。

デフレのせいか、あまり好景気な印象がありません。
黄金サイクルがやってきて…、いざなぎ景気超えに拍車が掛かって…、という2006年締めくくりは、「好景気の未来を予感させてくれる」ということで良いでしょう。

デフレが長く続き、デフレ対策している間に物が少なくなってきています。
今後は生産も盛んになることでしようし、庶民もその好景気の恩恵が得られることを期待します。
| 景気

2007年の景気



2007年の景気は、どうなのでしょう?
去年末は、「いざなぎ景気超え」で、更に「景気の4つの波が全部上昇」というゴールドサイクル、ここから2010年にかけて思い切り景気は拡大して行く…という話でしたが、一般庶民には、あまり実感がありません。

サラリーマンの給料も、ずっと下降気味です。
好景気が続いているといっても、「賃金カット」や「輸出業が盛んになっている」ことによる好景気なのです。
せっかくの好景気の波の中ですが、あまり恩恵は感じられないというのが現状です。
しかし、今までのデフレからインフレへと移行してきているらしいので、2007年はもしかしたら、庶民でも好景気の恩恵を感じられる年になるのかもしれない…なんて、淡い期待を抱いてしまいます。

株価や金利は上昇しています。
企業業績は好調になっています。
さすがにそろそろ、それが給料に反映されるだろうという見通しがあるようです。
給料の高い団塊の世代の方々が大量に退職することによって、企業の人件費負担が減ってきますから、その分、今年は賃金upの可能性がとても高いという話もあります。
退職金が大量に必要になるのでもっと困窮、という話もなきにしもあらずですが…。

2007年こそは、せっかくの好景気の恩恵を受けたいものです。
| 景気

2007年の日本の景気と団塊の世代



2007年の日本の景気は、いざなぎ景気を超えた上で、ゴールデンサイクルにあたり、要するに「好景気になるだろう」という話をよく耳にします。
「今まで下がり続けていたサラリーマンの給料も、ようやく上がってくるだろう」とのことです。

2007年の日本の景気の背景には、「デフレからインフレへの移行」と「団塊の世代の大量の定年退職の影響」というのがあるようです。
2007年から数年に渡って、団塊の世代が大量に定年退職します。
企業にとって、月々に掛かる高額給与がなくなるのは好材料。
今まで給与の上がらなかった者たちへ、恩恵があるといいのですが…。
退職金が大量に必要になるので、企業側は今後に備え、給与負担の減った分を団塊の世代の退職金に当ててしまうのではないか…などという話もあるのが、少し気がかりではあります。

どちらに転ぶかはまだわからないとしても、2007年の日本の景気を大きく左右するような事象が、たくさん転がっていることだけは確かなようです。
| 景気

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。