景気はDIで動きを見る



景気の動きを見るには、DI(景気動向指数、Diffusion Index)が指標になります。
DIでは、先行指数、一致指数、遅行指数の3つの指数が使われます。
・先行指数:数ヶ月先の景気の動き
・一致指数:景気の現状
・遅行指数:半年から1年遅れで反応する指数

景気動向指数は、景気が上向きか下向きかを総合的に示す指標です。
景気動向指数にはDIとCIとがありますが、通常利用されるのは、DI(ディフュージョン・インデックス)です。
DIは、景気の拡大を示している指標の割合です。
3ヶ月前との比較を用い、拡大を示す指数の数を数えて、採用している指数の数で割り、割合を出します。
50%が景気転換点の目安です。
一致指数が3ヶ月以上連続して50%を上回っていれば『景気拡大局面』、下回っていれば『後退局面』とみることができます。
CI(コンポジット・インデックス)は、景気動向を量的に把握することを目的としています。
| 景気
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。