景気の変動の波



景気が変動すると言う事象は、まるで本当の波のようです。
バブル前、バブル後、そして今。
その波に乗っている最中は無論分からないものですが、少し経ってみると、その変動の様が明らかなことに気付くのです。

景気は循環的に変動が見られると言われています。
局面の見方などは色々あるようですが、仕事をしている者として、自分を含めた人々の購買意欲に顕著に見られる波が、そのまま景気の変動の一端であると感じられます。
「景気が悪い」と言われる前に購買意欲が無意識的にも控えられたり、また「景気が良い」と言われる前に購買意欲が上がったりするのは、端的な女性心理の現れなのかもしれませんが…。

バブルの時期などは、誰しもがまるで狂ったように消費していました。
そして一度バブルが弾けると、必要な物まで買い控える感じでした。 現在、やっと人々の購買意欲も上がってきてはいるようですが、バブルの弾けた時の後遺症であるかのように、思うようにはいかず伸び悩んでいる面もあるようです。

景気の変動はこんな些細な人の気持ちの一端から、波のようなうねりになるのでしょう。
| 景気
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。