景気の波は読めるのか



景気には「」があります。
バブルの前から仕事をしてきたわたしは、バブルの弾けた時やその後に経験してきたことを思い起こすと、「景気に大きながあった」と言えます。

数値化したものを見れば、そのはもっと明快になるのでしょうが、景気の波というものは、仕事をしていると肌で感じられるようになるものなのでしょう。
もちろん、職種にもよると思いますが…。

だからこそ、別名「街角景気調査」といわれる「景気ウォッチャー調査」は、人の感覚に頼っているのでしょう。
常に景気の波を感じているタクシー運転手や、小売店の店主。
彼らは、今の景気をどう読んでいるのでしょうか?

機械的な数字の判断ではなく、景気を肌で感じやすい人たちの所感による…というのは、とても興味深いものです。
調査終了から公表まで約1週間。
迅速で鮮度の良い景気動向がつかめるということで、「景気ウォッチャー調査」は、景気の動向を知るための手段としてしっかり定着しています。
| 景気
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。