景気の動向は気になる



景気が良くなっていると言われている昨今ですが、実感のある人は多くないようです。
景気の動向は、つかみにくいものなのです。
景気というものは、後から振り返れば良かったのか悪かったのか判断もできますが、現在その時点では見えにくいものだからかもしれません。

「景気」という言葉自体、例えば英語などでは正確に表すことができないと言われるほどですから、本来、大変日本的なつかみにくい事柄なのかもしれません。
景気の動向が気になるのは、そんなにつかみにくいものなのに、それが自分の未来のあり様を確定しかねないからなのでしょう。

例えば、わたしはメディアや出版の仕事を手掛けていますが、景気の動向によって企画の通り方は無論、書籍の売れ筋も大きく作用されます。
それも、「実際の景気の動向」というよりは、「景気の動向を計ろうとする人々の心情」によって左右されるという感じです。
景気が悪い方が売れる書籍も当然あります。
また、景気の良さの向かう方向で、売れ筋も大きく変化します。

景気の動向を読むのは、紛れもなく経済の学問上のことでしょう。
しかし時々、まるで長期に渡る天候か何かのように感じられます。
変わりやすいお天気の方が、まだ予想しやすいかもしれませんが…。
| 景気

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。