景気のサイクル



景気のサイクルは、いろいろあります。
黄金の循環」や「黄金サイクル」とは、景気循環の4つのサイクル(四つの波)が、すべて上昇に重なる状況のことをいいます。

景気循環には4種類のサイクルが存在しています。
@「在庫循環短期波動」とも呼ばれる約40ヶ月の比較的短い周期の循環である「キッチン・サイクル(キチンの波)」
A「中期波動」とも呼ばれる約10年周期の設備投資循環である「ジュグラー・サイクル(ジュグラーの波)」
B建設需要に起因するサイクルで約20年の周期の循環である「クズネッツ・サイクル(クズネッツの波)」
C「長期波動」とも呼ばれる約50〜55年の周期の循環である「コンドラチェフ・サイクル(コンドラチェフの波)」
「技術革新の波」「名目の波」「物価の波」とも捉えられています。

日本経済は2006年から、この景気循環の4つのサイクル(四つの波)が全て上昇に重なっているということで、戦後3回目の景気循環の「黄金サイクル」といわれています。
2010年前後にかけての景気拡大が期待されます。
| 景気
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。