景気ウォッチャーとは?



景気ウォッチャー調査は、「タクシー運転手」「コンビニの店長」「小売業の店主」など、景気を肌で感じやすい人たちが対象となる調査です。
国民の日常の視点から違和感のない統計調査を得るため、3カ月前と比べて現在の景気がどうであるかを、景気ウォッチャーたちに「良い」「やや良い」「変わらない」「やや悪い」「悪い」の5段階で評価をしてもらって指数化します。

景気ウォッチャー調査は、別名「街角景気調査」ともいいます。
2000年1月から始まったもので、仕事を通じて地域の景気動向を観察できる立場の人を対象に内閣府が実施する調査です。
機械的な数字の判断ではなく、「景気ウォッチャーたちの所感による」というのが、景気ウォッチャー調査の面白い点です。
調査終了から公表まで約1週間。
迅速なので、鮮度の良い景気動向がつかめます。
人の感覚を、上手く数値化できているところが、興味深いですね。

そういえば、親族の一人が以前タクシー運転手だったのですが、正月のご祝儀チップの金額で、「今年は景気がいい」とか「悪い」とか言っていたのを、懐かしく思いだします。
| 景気
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。