岩戸景気



岩戸景気とは、1958年(昭33)6月頃〜1961年(昭36)年末の高度成長時代のことです。
42ヶ月間も続いた、長期景気拡大期でした。
神武景気の31ヶ月を超えたので、神武天皇よりも前の時代に「隠れていたが天照大神が天の岩戸から姿を見せて以来の好景気」という意味での名付けらしいです。
「過剰な投機熱」「過剰な設備投資」が特徴でした。

岩戸景気神武景気いざなぎ景気…。
日本の神話にちなんだ呼び名が、景気の良い時につけられているのは興味深いことです。
しかし、どうして「岩戸」なのでしょう?
「天照景気」というネーミングでは長くて呼びにくいからでしょうか?

岩戸景気の時期には、中流意識が広がり、スーパーマーケットやスーパーストアなどの大型店舗ができ、大量消費をうながしました。
「流通革命」とも言われていました。
1960年(昭35)の年末には「国民所得倍増計画」が発表されるなど、戦後の高度成長の始まりを代表する好景気の時期でした。
| 景気

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。