バブルと弾けた景気



あの80年代後半の好景気を「バブル」と称したのは、とても言い得て妙だとつくづく思います。
石鹸の泡が数多に細かく現れては、パチンパチンと消えていく様は、まさにあの頃の景気そのものと言えます。

世の中はまるで浮かれているかのようでした。
明日という日が今日と同じように続いていくと思うように、来年も再来年もまたその後も、今年と同じように続いていくものだ…と、根拠も無く信じていました。
善し悪しは別として、贅沢が美徳のように思われるようなこともあり、「グルメ」や「美食」という言葉が、悪いイメージ無しに巷に使われました。
メディアや出版に関しても、とにかくあれもこれもと企画が通っていきました。

バブルという名称が言い得て妙だと思うのは、石鹸の泡がその泡によって洗うものを綺麗にするように、バブル景気が弾けたことで、余分なものがことごとく影を潜めていったように思われるからです。
ただし、あまりに作用が強すぎて、手や布地まで傷めるような強力な石鹸のようであったかもしれません。

バブル景気に、わたしたちは何を学んだでしょうか。
景気がよくなっていると言われる昨今、手を洗う時の石鹸の泡を見ると心を引き締める思いがします。
その心の引き締めの善し悪しは、後の時代に明らかになるでしょう。
タグ:バブル 景気
| 景気
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。