いざなぎ景気を超えて今後の見通しは?



いざなぎ景気を超えて、今後の景気の見通しはどうなのでしょうか?
いざなぎ景気超え」といっても、あまり好景気の感触を肌では感じられないところです。

それは、今のところ「いざなぎ景気超え」の好景気とはいっても、それが期間的なものしか超えていないからでしょう。
輸出中心の好景気で、企業側は「賃金カット」や「リストラ」によって支出を抑えていることによる好景気なのです。
庶民の給料は上がりません。
そして何より、「デフレ」があります。
デフレが改善されつつある、いざなぎ景気を超えての今後は、「明るい景気拡張の未来」と思ってもいいのでしょうか。

デフレインフレに転じ、更に、ゴールデンサイクル景気の4つの波が去年末には全部上昇…という好材料が揃っています。
「2010年前後に掛けて景気拡大が確実」なんていう話もあるのですから、今後はやはり、活気のある消費メインの好景気になって欲しいものです。
バブルの時のように行き過ぎなのは問題ですが、「景気の良いところをもっと肌で感じたい」というのが庶民の願いです。
| 景気
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。