2007年の日本の景気と団塊の世代



2007年の日本の景気は、いざなぎ景気を超えた上で、ゴールデンサイクルにあたり、要するに「好景気になるだろう」という話をよく耳にします。
「今まで下がり続けていたサラリーマンの給料も、ようやく上がってくるだろう」とのことです。

2007年の日本の景気の背景には、「デフレからインフレへの移行」と「団塊の世代の大量の定年退職の影響」というのがあるようです。
2007年から数年に渡って、団塊の世代が大量に定年退職します。
企業にとって、月々に掛かる高額給与がなくなるのは好材料。
今まで給与の上がらなかった者たちへ、恩恵があるといいのですが…。
退職金が大量に必要になるので、企業側は今後に備え、給与負担の減った分を団塊の世代の退職金に当ててしまうのではないか…などという話もあるのが、少し気がかりではあります。

どちらに転ぶかはまだわからないとしても、2007年の日本の景気を大きく左右するような事象が、たくさん転がっていることだけは確かなようです。
| 景気
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。