2007年の景気



2007年の景気は、どうなのでしょう?
去年末は、「いざなぎ景気超え」で、更に「景気の4つの波が全部上昇」というゴールドサイクル、ここから2010年にかけて思い切り景気は拡大して行く…という話でしたが、一般庶民には、あまり実感がありません。

サラリーマンの給料も、ずっと下降気味です。
好景気が続いているといっても、「賃金カット」や「輸出業が盛んになっている」ことによる好景気なのです。
せっかくの好景気の波の中ですが、あまり恩恵は感じられないというのが現状です。
しかし、今までのデフレからインフレへと移行してきているらしいので、2007年はもしかしたら、庶民でも好景気の恩恵を感じられる年になるのかもしれない…なんて、淡い期待を抱いてしまいます。

株価や金利は上昇しています。
企業業績は好調になっています。
さすがにそろそろ、それが給料に反映されるだろうという見通しがあるようです。
給料の高い団塊の世代の方々が大量に退職することによって、企業の人件費負担が減ってきますから、その分、今年は賃金upの可能性がとても高いという話もあります。
退職金が大量に必要になるのでもっと困窮、という話もなきにしもあらずですが…。

2007年こそは、せっかくの好景気の恩恵を受けたいものです。
| 景気
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。